賃貸物件でのガス選択

賃貸のガスの種類と特徴

トップ / 賃貸のガスの種類と特徴

賃貸でLPガス都市ガスの選択

賃貸住宅を借りる前に確認する項目の一つにガスの種類があります。ガスには2種類あり、それぞれのメリットデメリットが存在します。LPガスは火力が高い事が一番のメリットですがデメリットが多くあります。まずは最大のデメリットである単価が高いことです。ガスボンベは賃貸住宅へと運ぶ性質上単価が上がってしまいます。それに比べ都市ガスは火力が低いのですが、その代わり酸欠に陥り難く事故も少ないです。単価が安いのはガスタンクより変圧器でパイプを通して住宅に直接供給されている為でもあり、災害時には住宅にガスボンベが無いので安全性も高いです。

選ぶなら都市ガスの物件

賃貸物件をお探しの方は、自分で色々な条件を設定していることと思いますが、その中にぜひ都市ガスという項目を付け加えていただきたいものです。なぜなら、プロパンガスって料金がすごく高いんですよ。建てた時のガス設備費をガス会社が負担した代わりに、毎月のガス代にそれが上乗せされているからです。賃貸だと値段交渉ができないので、持ち家より更に高く設定されています。両者の差は、およそ倍ほどもあるといっても過言ではないでしょう。光熱費なんて安ければ安いほどいいですから、物件選びにはぜひガスの種類にもこだわって欲しいですね。

© Copyright 賃貸のガスの役割と料金. All rights reserved.