賃貸の周辺と防犯確認

賃貸の防犯対策の大切さ

トップ / 賃貸の防犯対策の大切さ

賃貸物件における防犯対策

近年、空き巣や窃盗の被害が増加しています。家族構成や住まいの状況に関わらず多数の被害が出ています。最近では賃貸物件においても対策のとられた建物が増えています。防犯・火災・非常通報を備え、万が一の時には警備会社に通報出来るシステムを導入している部屋もあります。その他に、設備がない場合は大家の承諾なしに勝手にリフォーム等が出来ないので、店頭で販売されているグッツを活用されるのも手段の一つです。空き巣は「玄関や窓のカギを開けるのに3分以上かかる」「鍵穴が2つ以上ある」場合は諦める傾向があるので、ダミーのカギ穴が売られていたり、カメラやセンサーライトの設置は抑制効果があると言われています。賃貸物件の建物状況に応じた対策と意識を高くもって、被害に合わない様にしたいものです。

防犯対策はしっかりチェック

賃貸物件を借りる時は賃料とか立地とか設備などを重点に決めてしまいがちです。勿論それらも大切な条件の一つには違いありませんが、わりと見落としてしまいがちなのが防犯対策です。最近はオートロックを使っていたりディンプルキーを使っている物件が多くなっていますし、二重サッシになっていたり、割れにくいガラス窓を使っていたりなどそれなりの工夫をしている物件がほとんどです。ですからそれほど神経質になる必要もないですが、やはりそこは慎重を期すに越したことはありません。出来れば一階の部屋は避けた方が賢明です。それこそ窓から侵入がしやすい環境です。また周囲から他の建物や背の高い木々などで視界が遮断されてしまっている賃貸物件もやめておいた方が無難です。

© Copyright 賃貸のガスの役割と料金. All rights reserved.