名古屋のダイビングスクールの特徴とは

美しい景色を満喫できるスキューバダイビングは人気のスポーツです。ダイビングを始めたいと思ったら、まずライセンスの取得が必須になります。ダイビングのライセンスは一般的にCカードと呼ばれています。まず、初級のCカードを取得することになります。その際、ダイビングスクールに通って取得することになるわけですが、どのようなダイビングスクールを選ぶかという事になります。名古屋での取得を考える場合、名古屋は大都市ですので、伊豆や沖縄などリゾート地のような海に近い環境ではありません。もしまとまったお休みが取れるのであれば、現地型ダイビングスクールで取得する方法もあります。しかし、なかなかまとまったお休みを取るのが難しい状況であれば、仕事と並行してCカードを取得できる、名古屋にも複数ある都市型ダイビングスクールが一般的になってきます。

名古屋にもある都市型ダイビングスクールとはどのようなものか

都市型ダイビングスクールとは、主に名古屋など海から遠い場所にあるスクールのことです。都市部にありますので、大変通いやすいです。ダイバーショップも兼ねていますので、機材などそろえる時も相談しながら買う事ができます。スクール内にプールを持っているところでは、Cカードを取得する際、主に学科講習、プール講習、海洋実習の三段階を行うことになりますので、スクール内にプールがあるというのは大きな利点になるでしょう。学科講習においても通いやすいという利便性が生きてくるでしょう。講習の最後は海洋実習となりますが、海までの送迎をしてくれるところもあります。Cカード取得後もリゾート地へのツアーを企画しているところも多数あります。中にはリゾート地にもスクールを保有しているところもあり、現地の海に詳しいスタッフがいて、都市型スクールとはいえ頼もしいところもあります。それぞれの特色を事前に調べておくと良いでしょう。

それぞれのダイビングスクールの特色の違いとは

特色の違いに、どの指導団体のライセンスを採用しているのかも事前にチェックしておくと良いでしょう。Cカードの発行を行う指導団体は多数あります。世界的に規模が大きい指導団体を採用しているところが多いです。海外でもダイビングを楽しみたいと思ったら、世界的に知名度の高い有効性のあるCカードを取得しておくのが良いでしょう。Cカードには初級から、最終的にCカードの認定が出来るようになるまで段階がありますが、指導団体によって呼び名や内容など微妙に異なる部分がありますので、検討しておくと良いでしょう。先に述べた、プールの有無や海への送迎、ツアーの企画、また費用面でも、機材も含めて取得までにどれくらいかかるのか、事前の説明をきちんと行ってくれるダイビングスクールを探すことをおすすめいたします。名古屋にはたくさんのダイビングスクールがありますので、複数の中から自分にあったところを選ぶのが良いでしょう。